GADV仮説の情報

GADV仮説についての情報。

GADV(タンパク質ワールド仮説)とは、工学者・池原健二氏が提唱する、生命起源についての仮説の一種である。

遺伝子とタンパク質の形成の元をGNC原初遺伝暗号がコードする4つのGGC, GCC, GAC, GUC(遺伝暗号・グリシン、アラニン、アスパラギン酸、バリン)のアミノ酸に起源するとする説である。

その他の情報としては、生命起源の学説では、主流となるRNAワールド仮説と相反する仮説があり、特性としてはGADV仮説はそもそもが生命の起源を研究していたものではなく、遺伝子研究の過程で遺伝子の起源やタンパク質の起源などについて研究されることで取り組まれた結果に提案された学説のことです。

結論として、生命誕生の謎でもある、遺伝子とタンパク質の関係を「ニワトリと卵」の関係となぞらえているということが、GADV仮説についてのおおまかな情報になる。

情報カテゴリーとしては、タンパク質ワールド仮説についての生物学に分類される。

情報について、検索エンジンのGoogleでは下記の関連情報での組み合わせでインデックスされている。
gadv仮説 – 生命起源を問い直す
生命の起源に関する仮説
池原健二
池原仮説
生命起源の謎に迫るgadv仮説