EPSデータとAIデータの拡張子の違い

チラシの印刷物を取り扱うとき、epsデータとaiデータはIllustratorで印刷用の入稿データなどを扱ったことがあるひとなら、なんども操作したりすることはあるでしょう。

結局、ファイルバージョンなどがあっていて、データ内容に問題がなければ入稿するわけですから、印刷工場でも特に問題がなければそのまま印刷物が仕上がるわけなので、別段気にするひとも少ないかもしれません。

とはいえ、あえてEPSとはAIとかが存在するのか、二つのデータファイルの違いについて探ってみました。

わかりやすく、二つのファイルを対比形式で羅列します。

【違いその1】

AIデータは、Adobe Illustratorの専用データ形式。

EPSデータはいろいろなソフトの共通のデータ形式。

【違いその2】

AIデータは、外部画像ファイルを読み込む場合によく使用される。

EPSデータは画像配置して、面付けなどのファイル用に使用される。

【違いその3】

AIデータは、用紙設定などの付加ページデータを持つファイル形式

EPSデータは、データオブジェクト単体のファイル形式

【違いその4】

AIデータは独自の機能での印刷データを作成することができる

EPSデータは汎用データ形式なので個別のアプリケーションの機能で加工は反映されないケースが多い

AIは入稿用データとして問題あるわけではありせんが、印刷後工程によってはEPSデータである必要がある場合があるようです。
この場合は、大抵指定されているルールなどがあり、データ内容が不正な場合は差し戻されることがありますので、
その後工程に準じた形式で作成する必要があるようですね。

ほかにはPDF/Xなどの入稿データ形式もありますが、こちらは別記事にて紹介していきたいですな。