EMS運動法とは

EMSはElectrica Muscle Stimulationの略で、そのまま訳してみると、電気の筋肉刺激。

EMS運動法とは、運動神経を電流の刺激を与え、負荷をかけずに効率的に筋肉を鍛える運動法。

一般的に人体の筋肉を鍛えるには、鍛えたい場所もしくは関連のある筋肉に日常生活ではかからない負荷をかけ収縮運動をします。

このような重力を利用した筋力トレーニングは、脳からの信号で筋肉を動かすため、疲労を感じると脳が運動を止める信号を送り、トレーニングを停止させます。

一方EMS運動法は、筋肉部分に人工的に電気を送り、筋肉を収縮させることで、軽い負荷をかけた筋力トレーニングをすることと同じ状態にして、筋肉の収縮を行わせます。

この場合、脳からの電気信号による運動とことなり、ほとんど疲れを感じることなく、効率的に通常の数倍以上の筋肉の収縮運動が可能になります。

ただし速度や回数、電圧などは十分に注意して行う必要があります。