カテゴリー別アーカイブ: お米

家庭で酢飯・すし飯を美味しく作る方法

日常生活の中ですし飯・酢飯を美味しく作りたいと思ったので自宅ですし飯・酢飯を美味しく作る方法を調べてみました。

 

はじめに最初の手順としては、

まずご飯の準備をします。通常よりも水分を少なめにご飯を炊きます。炊飯器に『すし飯コース』のような機能があれば利用してもよいでしょう。
また、酒を少々、コンブなどに切れ目を入れ一緒に炊き込むと本格江戸前寿司のような旨味を加えるします。

 

その次に、すし酢の準備をします。

主に使用するのは酢、砂糖、塩の3点で、砂糖は多めで、塩は砂糖の5分の1ぐらいで、全体的には酢の味をまろやかにするような配分量にします。酢は調味料の多いすし酢よりもミツカンの穀物酢がおススメです。調合した酢を砂糖や塩が完全にとけるまで加熱したらすし酢の完成させるをします。

 

最後の手順としてはご飯とすし酢の混ぜ合わせで、

炊きあがったご飯に、加熱しておいたすし酢を混ぜ込みます。このとき、ご飯を切るように手早く混ぜ込みます。
ある程度混ぜ込んでご飯が多少あたたかい内に、扇子などでかき混ぜながらすし酢と水分を飛ばす。ということで今回は解決していきます。

 

この方法の流れで気を付けたい事が、調味料は好みに合わせて分量や配分を調整という点について注意する必要があります。

お米アートを探してみる。ビバ、ライスアート!

お米を使った芸術、ライスアート(先ほど勝手に命名)を探してみましょう。

ライスアートといっても、探してみると米粒の方や炊いたご飯、田んぼをキャンバスに見立て稲をつかった田んぼアートまでいくつか種類がありました。

どのような形式であれ、「アート」という言葉の汎用性と便宜上の利用法は奥が深いですね。

田んぼアート

・サザエさん 田んぼアート

・写楽似 田んぼアート

・star wars 田んぼアート

・ウルトラマン 田んぼアート

・ミッキーマウス似 田んぼアート

※すべてgoogle画像検索からの引用です。

米粒(ライス)アート

・歴史上の人物

・飾り雛段

・ゲゲゲの鬼太郎

・小さな魚

※すべてgoogle画像検索からの引用です。

ちなみに、コシヒカリやササニシキなどの銘柄によってライスアートの評価や価値がついていることはないようです。