カテゴリー別アーカイブ: 生き物・動物・海洋生物・植物

シュモクザメ(撞木鮫)に関する情報

シュモクザメ(撞木鮫)についてYahooサーチの検索結果インデックス約 180,000件になります。
“シュモクザメ(撞木鮫)に関連する検索キーワードには、
シュモクザメ人食い
アカウント
アカシュモクザメ
ハンマーヘッドシャーク危険
シュモクザメ 危険
サメの目
サメ 目
ハンマーサメ
ヒラシュモクザメ
シャークヘッド
人喰い鮫
鮫の目
撞木鮫
サメの
さめ イラスト
鮫 料理
鮫 目
サメを食べるサメ
シュモクザメ 画像
サメ 食べ方
世界のサメ
サメ ハンマー
鮫のイラスト
サメの映像
さめ 料理
サメつり
ホオジロザメ 目
サメの食べ方
サメの料理
サメ科
シャークシャークシャーク等があります。”
シュモクザメ(撞木鮫)(Hammerhead shark)とは、メジロザメ目のシュモクザメ科の鮫である。
体長は、種別により個体差はあるが、3メートルから4メートル以下程になり、生息する地域は日本を含め世界中の暖かい海の沿岸。
“生態の特徴はサメの中では珍しく、数十匹以上の群れで行動する特性があり、頭部が左右に飛び出し、先端部分には目と鼻孔がある
とされる。”
危険性については、日本の沖合でも人が襲われたりしているため、注意が必要。飛び出した頭部にロレンチーニ器官という微弱な電波を感じ取る器官があり、この器官は他の種のサメよりも優れている。

日本でジンベイザメが見られる水族館

ジンベエザメ(甚平鮫:Whale shark)は、世界最大の魚類であり、体長は諸説があるが6~10メートル以上に成長する。
日本国内でも水族館で見られるが、飼育が非常に難しく、絶滅保護対象の魚類でもある。

テンジクザメ目ジンベエザメ科に唯一属するのが本種。

世界全域に広く分布しており、熱帯・亜熱帯・温帯の表層海域などに生息している。危険性は非常に少ないおとなしいサメであるのも特徴の一つ。

◆日本国内でジンベイザメが見られる水族館
※ただし、飼育過程で死亡しやすく、時期によっては見られないこともあるので注意。

○横浜・八景島シーパラダイス
〒236-0006 横浜市金沢区八景島  横浜・八景島シーパラダイス
URL  http://www.seaparadise.co.jp/
TEL: 045-788-8888(テレフォンインフォメーション)

○海洋博公園 沖縄美ら海水族館
〒905-0206
沖縄県国頭郡本部町字石川424番地
URL http://oki-churaumi.jp/
TEL:0980-48-3748
FAX:0980-48-4444

○海遊館 ジンベエザメの泳ぐ都市型水族館
TEL 06-6576-5501
大阪府大阪市港区海岸通1
URL http://www.kaiyukan.com/

○いおワールドかごしま水族館
ジンベエザメやサツマハオリムシなど錦江湾から南西諸島の生き物500種3万点を展示する鹿児島市の水族館、いおワールド。
■ 〒892-0814 鹿児島県鹿児島市本港新町3-1
■ TEL:099-226-2233 FAX:099-223-7692 ■ 通常営業時間:9:30~18:00(入館~17:00)

URL http://ioworld.jp/