カテゴリー別アーカイブ: 棘皮動物

ウニの種類

ウニ(海胆/海栗/雲丹)は、ウニ綱に属する棘皮動物(きょくひどうぶつ/球形・円板形・円筒形・星形などの形状で五方向の放射相称)の総称。
漢字では海胆、海栗、雲丹と3種類あるが、加工したウニ食品に対しては「雲丹」が使用される。

世界中で確認されているウニはおおよそ900種以上であり、日本沿岸には百種類以上のウニが確認されている。

食用とされるのは十数種類ぐらいで、日本ではムラサキウニ、バフンウニ、エゾバフンウニ、キタムラサキウニ、アカウニが主に食用とされている。

またウニは採れる地域ごとに、冷水系と暖水系に分けることができる。

■毒のあるウニ
房総半島、相模湾以南で見られる毒のあるウニ

○ガンガゼ
○ラッパウニ
○イイジマフクロウウニ