カテゴリー別アーカイブ: 用語・知識・情報

物理のアインシュタインの相対性理論をわかりやすく理解する

物理学におけるアインシュタイン博士に関する一般相対性理論と特殊相対性理論についてわかりやすい説明をしている知識記事です。

▼わかりやすい相対性理論の知識

1.とても早く動くものは時間が遅れる
2.とても早く動くものは短くなる
3.とても早く動くものは重く(質量が増える)なる
4.とても重力のつよい場所では時空が歪む
5.とても重力のつよい場所では時間が遅くなる

となります。

 

その他の補足知識については、特殊相対性理論と一般相対性理論わかりやすい違いは、一定方向に一定速度での運動、つまり等速直線運動に当てはまるのが特殊相対性理論で、動きの速度や方位が不規則にかわる運動にもあてはまるように修正されたのが一般相対性理論です。

ハッブル定数 

ハッブル定数とは、宇宙の膨張について1929年エドウィン・ハッブルとミルトン・ヒューメイソンにより初めて定式化されたハッブルの法則の定数。

ハッブルの法則において、現時点での宇宙の膨張率を表す。ハッブルの法則はv=H0rで定式化されており、銀河までの距離をr(Mpc(メガパーセク))、後退速度をv(km/s)とし、その比例係数H0がハッブル定数にあたる。

ハッブル定数の単位はkm/s/Mpcであらわされる。
H0の逆数はハッブル時間とされ、ハッブル時間に光速度を乗じた値がハッブル半径とヨガれる。

ビッグバン理論に基づく宇宙の年齢や大きさを調べる際の目安ともされているが、あくまで学会において有力とされる学説のひとつと位置づけられている。

詳しくは》結言 》 わかりやすい物理学入門 》 ハッブル定数