避難準備と避難勧告の違い

避難準備と避難勧告(避難情報レベル)の違いは、人的な被害が発生しうる災害可能性が高い場合に、身体障害者、老人や子供など『災害時要援護』が必要とされるいわゆる災害弱者を迅速に避難させる避難準備情報をもとに、災害弱者以外の人々に自治体が発令すること。避難勧告(ひなんかんこく)は、対象となる地域において、土地や建物などの被害発生が予想される場合に、対象住民に対して発令される勧告で、市区町村の首長の判断で対象住民に対して発令される勧告です。

おおまかな違いは、避難指示や避難命令などとは異なり、あくまで勧告という点ことです。
その他参考として、避難準備よりも避難勧告の方が災害対策基本法60条に基づき発令されるため拘束力を持つ
ことです。
避難準備と避難勧告は
違いの分類としては避難情報レベルになる。

ちなみに、検索エンジンでは
避難準備 避難勧告 避難指示
避難準備情報避難勧告
避難準備情報避難勧告避難指示
避難準備情報避難勧告避難指示避難命令
避難勧告 避難指示
台風 避難勧告
避難勧告ガイドライン
箱根避難勧告
蔵王避難勧告
避難勧告
などで分類されている。
避難準備情報 避難勧告 避難指示
避難準備 避難勧告 避難指示
避難勧告 避難準備
避難勧告と避難準備
避難勧告準備情報
避難準備勧告とは
避難勧告 避難しない
避難勧告と避難指示

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。