マゼランクロスに関する観光記事

セブ島についての観光記事です。
フィリピン中部のセブ島の中心都市セブ市街に1521年に冒険家のフェルディナンド・マゼランが建てた木製の巨大な十字についての記事です。

詳細については、キリスト教布教のためにセブ島を訪れたマゼランが、フィリピンでフマボン王とファナ王女、400人の臣下に初めて洗礼を受けた地に建てたとされるとされる。

特長としては木製の十字架にご利益があると信じられ削り取られることが多発し、1834年には十字架を守るため八角堂が建てられ保護されている
というものがある。

記事の内容としては、名所
についての観光に関わる記事とされる。

セブ島の記事について関連性がある語彙の組み合わせには、
セブ島 マゼランクロス
セブ マゼランクロス
というような内容が列挙される。
セブ島の記事について関連検索で記事を探す場合は以上のような語彙の組み合わせが表示される。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。