診察室と診療室の違い

診察室と診療室。

この似て非なるネーミングの違いについて。

そもそも診察とは、病気の症状や状態を調べたり、医師が聴診器をあてて鼓動音などを調べたりするところ。

診療になると、病気や病状の有無を確認、診察して治療するところ。

となると、診察室は椅子に座って話を聞いたり聴診器を当てたりする用途が主体の部屋で、診療室になると、専用のいすやベッドがあり、具体的に治療などをする部屋のイメージになるだろうか。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。