大阪・海遊館でジンベエザメの遊ちゃんも死ぬ

2014年7月16日、大阪市港区にある水族館「海遊館」で、「遊ちゃん」の名で親しまれるメスのジンベエザメ(推定7~8歳、体長約5メートル)が死亡したとの発表があった。

ジンベイザメの遊ちゃんは高知県土佐清水市の付属研究施設「海洋生物研究所以布利(いぶり)センター」で治療中であった、同じセンターで治療中であった「天ちゃん」の名で親しまれるメス(推定5~6歳)が同月13日に死んだばかりで、2匹のジンベイザメの死因は、何らかの感染症によるものと調査されている。

大阪・海遊館では室戸市沖の定期網に今月かかったオス1匹をセンターで飼育中で、現在、海遊館ではジンベエザメ不在の状態となっている。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。