『活』の正しい読み方と『生』との違い



『活毛がに』

 

『活まぐろ』

 

『活きカツオ』

 

『活いか』

 

『活ダコ』

 

『活きハマチ』

 

『活き貝』

 

『活魚』

 

『活造り』

 

・・・・。

 

この『活』の読み方がわからなかったのですが、実際にはあとに続く言葉や、お店や地方などによってそれぞれ違うみたいですね。

 

有力なのは『いけ』や『いき』で、『かつ』は活魚ぐらいにしかあてはまらなそうです。

活き作りの場合は『いき・いけ』がしっくりくるし、活ダコは『かつ』という方が多かったりと。

直、『読み人ルールになっているそうですね。

お寿司屋さんなどでは、職人さんがなんて読んでるかを耳を澄ませて聞いていて、

それにあわせて注文するのがよいのですかね。

違っていても、訂正してくるようだと、それはそれで面白いですがね。

 

 

客 活(かつ)ハマチと活(かつ)平目!ちょーだい

 

 

すし職人はいよ、活(いき)ハマチと活(いき)平目ね?

 

ちなみに、『活』と『生』の違いは、生は鮮度が高く、熱加工などをしていないものを意味することが多く、


活けは、生きている状態か、寸前まで生きていた鮮度の高い状態の違いのようですね。

 

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

コメントを残す