漢字のお徳とお得の違いは?

日常生活の中でお得がお徳どう違うのかわからなかったので日用漢字でお得とお徳の違いを調べてみました。

 

一つ目の違いは使われ方

商業用途では”お徳”と表記されることが多く、本来、損得の得から”お得”となるはずだが、諸説あるが人格や品格を意味する漢字、”徳”が常用されているとなります。

 

 

二つ目の違いは意味の違い

国語辞書などには同義として記されることが多く、同意のためどちらを使用しても特に意味が通じないわけではないとなります。

 

三つ目の違いはその他

損得でいえば、”徳”は意味がことなるので、”お徳用”などの表記は本来の使用方法とは異なるかもしれないが、一般的に”お得用”よりも使用されている可能性が高いとなります。

 

以上のような点がお徳とお得の主な違いとなります。

 

補足情報としては、”お買い得”では”お買い徳”と表記されるケースはあまり見かけないので、徳自体が当て字であることと、由来には諸説があり真意は確認できないという事柄があります。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。