整体・接骨の接骨院と整体院の違いは?

日常生活の中で接骨院(整骨院)が整体院どう違うのかわからなかったので手技療法で接骨院(整骨院)と整体院の違いを調べてみました。

 

 

一つ目の違いは主な相違点

接骨院は柔道整復師という国家資格者が施術をする施設で、整体院は民間の整体師学校などを卒業した人が施術する施設となります。

 

 

二つ目の違いは保険診療

接骨院は一部の骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷に対しては保険診療が可能で、整体院はすべて自費診療となります。

 

 

三つ目の違いはその他

施術対象や保険診療の有無はあるものの、整体やカイロプラクティックなどの骨格の矯正を目的とした場合、それぞれ得意分野や専門分野などがことなるとなります。

 

以上のような点が接骨院と整体院の主な違いとなります。

 

補足情報としては、接骨院でも整体院でも自由診療で施術が受けられるため、施術費用などは事前に確認してからの施術が推奨という事柄があります。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。