SIMフリースマホの端末の購入を注意点についての情報

SIMフリースマートフォンにおける本体に関して選択時について気を付ける事をしている知識記事です。

 

▼通信規格とLTE周波数帯の知識

SIMフリー回線がどこのキャリア回線を使用して、どのような帯域であるかはSIMフリースマホを購入前に確認することが必須
〇ドコモ/ソフトバンク(Y!mobile含む)回線
・FDD-LTE
・W-CDMA(拡張規格:HSPA)
〇au回線
・FDD-LTE
・CDMA2000(拡張規格:EV-DO Rev.A)

となります。

 

▼キャリア別の対応周波数帯域の知識

契約した格安SIMがどこのキャリア回線を使用しているかによって、使用できるスマホ端末が決まります。逆に非対応バンド(周波数帯域)の場合は通信不可になること。
総務省の各携帯電話事業者の通信方式・周波数帯
http://www.soumu.go.jp/main_content/000489285.pdf
となります。

▼音声通話帯域とプラチナバンドの知識

SIMフリー端末は2.1GHz帯 (バンド1)対応が前提で、音声通話SIMでは3G回線(ドコモはバンド6)対応推奨、地方でのデータ通信使用の場合はプラチナバンド(700~900MHz帯:B18B19)である程度通信不可などを回避しやすくなる点
となります。

 

その他の補足知識については、使用する地域や用途によって、海外の格安スマホなどは特に対応帯域が限定的なものが多いため、購入前には契約しているSIMフリーキャリアに対応しているかを必ず確認することです。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。