SIMのデータ通信と音声通話の違いは?

日常生活の中でデータ通信専用が音声通話どう違うのかわからなかったのでSIMカードでデータ通信専用と音声通話の違いを調べてみました。

 

一つ目の違いは通信機能

データ通信SIMはデータ通信のみに限定され、通常の携帯電話として利用できないので、090や080、070などの番号を取得しての通話は音声通話SIMとなります。

 

 

二つ目の違いは価格

音声通話SIMはデータ通信SIMよりも月額の費用が高くなる分、携帯電話の番号からの発着信で音声通話が可能となります。

 

三つ目の違いは用途

音声通話SIMは通常の携帯電話利用、データ通信SIMは月額費用が安くなるのでタブレットや2台目以降のスマホなどのデータ通信を目的とした用途の最適となります。

 

以上のような点がデータ通信と音声通話の主な違いとなります。

 

 

補足情報としては、データ通信SIMでもSMS(ショートメッセージ)付きでないとLINEやモバゲーなどのアカウント登録が必要なアプリが使用できない。セキュリティやバッテリー消費などの面からも、それらのアプリ用途がある場合は若干月額費用は上がるがSMS付きデータ通信SIMでの申し込みを推奨という事柄があります。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。