思想・体制の社会主義と共産主義の違いは?

日常生活の中でソーシャリズム(社会主義)がコミュニズム(共産主義)どう違うのかわからなかったので思想や理論でソーシャリズム(社会主義)とコミュニズム(共産主義)の違いを調べてみました。

 

一つ目の違いは私的財産

という点ではほぼ同義となりおおきな違いはない事になりますが財産を保有する社会構造や大元の概念が異なる点となります。

 

二つ目の違いは生産手段

社会主義における生産手段(土地、資本、労働など)は共有共同化されるが、資本家や労働者などの階級的な社会は残る反面、共産主義でも生産手段の共有共同化は同じであるが、一切の個人所有をなくすだけでなく階級や国家自体も必要が無くなるという思想します。

 

三つ目の違いは消費活動

社会主義も共産主義も私的財産はもたないことを前提としながらも、消費については前者が個人の意志による差異を認めるが、後者は消費活動も同一であることが前提となります。

 

以上のような点が社会主義と共産主義の主な違いとなります。

 

補足情報としては、もともと共産主義は社会主義から派生する一つの思想や高次解釈であり、社会主義を進化させた思想や体制に共産主義が位置付けられるという事柄があります。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。