不動産用語の公示地価と基準地価の違いは?

日常生活の中で公示地価(地価公示)が基準地価(都道府県地価調査)どう違うのかわからなかったので土地価格で公示地価(地価公示)と基準地価(都道府県地価調査)の違いを調べてみました。

 

一つ目の違いは調査主体

公示地価は国土交通省(国)が調査し基準地価は都道府県知事(地方自治体)が調査します。

 

二つ目の違いは評価時期と公表時期

公示地価は毎年1月に調査され3月に、基準地価は毎年7ち月に調査され9月に公表します。

 

三つ目の違いは対象地域

公示地価は都市部のみが対象となり、基準地価は都市部以外の町村なども対象となります。

 

以上のような点が公示地価と基準地価の主な違いとなります。

 

補足情報としては、法令や不動産鑑定士の人数などの違いがあり、公示地価は都市部のみの全国平均となり、より広い地域を含んだ地域帯の全国平均が基準地価という事柄があります。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。