カテゴリー別アーカイブ: 動物・ペット・生き物

ほんとうの昔話「ウサギとカメ」リアル版

ここは都内のある動物園。

ある日、カメどんはうさ吉にあったそうな。

うさ吉は、日がな一日ゆっくりしていたいと寝そべっていたそうな。

カメどんもうさ吉に近づくと同じ気持ちになったそうな。

 

カメどん「お、いいぞ、いいぞ。これぞオレが求めていた感触じゃ。」

 

カメどん「こっちもいけるのか。なるほど。うん。いいぞ。」

 

カメどん「!」

 

カメどん「!!!!!」

 

うさ吉とカメどんはその日一緒に平和に過ごしたそうな。

 

記事担-ゆるやかなる観光大使

観光と旅行、ツアーから面白情報まで。気ままに時にテキトーにある時はさらにテキトーに楽しい記事を提供予定です。

【花嫁絶賛募集中!!】

担当記者:岡田国和

担当記者:岡田国和

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

[第1回]ジンベイザメと泳ぎたくなったらどうすればよいのか。

セブ島でツアーガイドを務める友人の勧めもあり、仕事で蓄積された圧力をリフレッシュさせるため、
ジンベイザメと泳ぎたいなと考えてみました。

もちろん海外旅行の計画ということでもありますが、あくまで今回は魚類最大にして最穏やかといわれる
『ジンベイザメと一緒に泳ぐ!』というのがマストの目的であります。

スキューバなどの経験がない自分に果たして、どうすれば一緒に遊泳することができるのかどうか。

そもそも、セブ島へどうやっていくのかも必要なものもよくわかっていない在日日本人による暇つぶしドキュメント。

『そろそろ、セブへいこう。~ジンベイザメ旅情編~』

まずはフィリピンへ渡るために海外へ出国する準備をしなければなりません。
旅行の醍醐味を味わいたいので必要なもの以外は荷物になるし、旅の間の”手持ち無沙汰な時間”こそが旅行の最大の自省のタイミングでもあるので。

それほどスマホ依存度は高くないし、人それぞれですが、旅行にいってまで本や漫画で時間つぶしするのは、いささか風情にかけるような気がするので、旅の妙味を損なうものは必要最低限にしてみます。

行政的に必要なのは、パスポート、航空券、クレジットカード、海外保険証、宿泊先の予約確認書、現地通貨と日本円ぐらいでしょうか。
個人的にはケータイと変換器、バッテリーほか着替えなどの衣類と爪切りや綿棒、絆創膏、耳栓などの保健的なグッズ、雨具にあとはジップロックタイプの袋。これはどのような旅でも重宝するようです。

ほかには盗難対策のダミーの財布や簡単な非常食、身体を洗うのは小さなボディーソープ一個で十分かもしれません。

日本で暮らしていると全く気が付かないのですが、海外に行くと、いつもの習慣がほとんどなぞれないので、裸にされたような気分になります。
ただ、いかに日常生活のなかで、生きていくのに必要ない物や事柄に、時間やお金、考えを費やしていたかをあぶりだされるいい機会にもなりますので、必要最低限の物以外はすべておいていくことで、新しい発見があったりしやすいです。

だいたいのイメージがつかめたら、今度は具体的な旅行計画を立てていきます。

期間はいつ頃にするのか、どうやって渡航するのか、どこに泊まるかなど。
現地の友人には、ジンベイザメと一緒に泳ぐという目的を手伝ってもらうほか、ホテルなどの手配も頼めるので、
こういった時はある程度頼りになります。ただ、友人とはいえ何年も会っていない異国の人などで、あまり信用しすぎるのも、ちょっと危険な場合があるので気をつけたほうがいいようです。

まずはいつぐらいに、どんなツアーで行くかを決めながら、パスポート取得やそのほか、費用や滞在期間の旅行計画を行います。

次回は具体的にいつ、どういう形態で渡航するかなどを、実際に決めていきたいと思います。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。