魚沼コシヒカリのまとめ

魚沼産のコシヒカリ

魚沼コシヒカリ(うおぬまコシヒカリ)とは、日本国の自治体の一つ、新潟県の5市2町からなる魚沼地域において栽培、収穫されているコシヒカリBL(いもち病に抵抗性を有するように改良されたコシヒカリを親とする品種群) とコシヒカリ米の生産地銘柄ブランドのこと。

koshi05

生育の気候

主に越後平野を中心とする地域は、春から梅雨入りぐらいから夏季にかけては天気の良い日が続き、夏季は日照時間の長い晴天日が多く、11月ごろから3月ぐらいにかけては日照時間が短く、冬季はかなりの豪雪地帯となります。

koshi02

米の食味ランキング

そういったコシヒカリの生育に最適な環境と、生産農家の品種改良や栽培技術などの農業技術の向上により、一般財団法人で米穀の公正な第三者検定機関である日本穀物検定協会により国内最高評価である『特A』に認定されている。

新潟県内では平成26年度時点で、上越、中越、魚沼、岩船、佐渡のコシヒカリがこの『特A』認定を受けている。

koshi03

栽培される地域と収穫高

魚沼地域の5市2町で主に栽培収穫される。

小千谷市、長岡市、魚沼市、南魚沼市、十日町市、湯沢町、津南町。

生産量や収穫量は市場の流通量と乖離しているという情報なども多いため、実際の魚沼産コシヒカリは一般のスーパーなどで購入することは困難だとされている。

また生産量や収穫高は一部情報の公開がされているが、流通量が常に上回っているとされるため、なかなか正確なデータを集計することは難しい。

koshi07

主な農業協同組合

JA越後おぢや、JA北魚沼、JA魚沼みなみ、JAしおざわ、JA十日町、JA津南町、JA利根沼田、JAあがつま、JA北信州みゆき

主な県指導機関

県名 地域 出先機関 担当部署
新潟県 南魚沼市・南魚沼郡 南魚沼地域振興局 南魚沼農業普及指導センター
農林振興部農村振興担当
十日町市・中魚沼郡 十日町地域振興局 農業振興部
魚沼市 魚沼地域振興局 農業振興部
小千谷市・長岡市川口 長岡地域振興局 農林振興部
【長岡】農業振興部門(長岡農業普及指導センター)
農業総合研究所 作物研究センター
高冷地農業技術センター
中山間地農業技術センター
群馬県 沼田市・利根郡 利根沼田農業事務所 農業振興課・普及指導課・農村整備課
吾妻郡 吾妻農業事務所 農業振興課・普及指導課・農村整備課
農業技術センター稲麦研究センター
長野県 北信地方 北信地方事務所 農政課・農地整備課
北信農業改良普及センター
農業試験場

魚沼コシヒカリの相場

5Kg 2000円台から6000円前後が一般的だが、生産収穫量を考えると、混合米やまったく別物である可能性も否定できない量が流通している。

また値段が高いからといって本物である可能性があるわけではなく、生産者や有名な販売店であってもDNA鑑定などをしない限り、真偽を確認できにくいので、信頼できる販売業者を見つけることがよいかもしれない。

koshi01

栽培条件と対策ポイント

美味しいコシヒカリを生産するには、『JA魚沼みなみ「南魚沼コシヒカリ」栽培ごよみ』では以下の8つのポイントが大切だとしています。

  • ポイント1.後期栄養を支える土づくり
  • ポイント2.水田知力に対応した基肥設計
  • ポイント3.耕深目標15cm
  • ポイント4.健苗育成で初期生育促進
  • ポイント5.早めできっちり溝切り・中干し
  • ポイント6.水管理の徹底
  • ポイント7.生育、状況に応じた穂肥
  • ポイント8.適期刈取りの励行

koshi04