足がつる・こむら返りの対処方法-ふくらはぎ

就寝中のふくらはぎがつった時の痛みは、とてもひどい時があります。

こむら返りも、完全にではありませんが、予防や軽度に済ます、寝ているときに足がつらないようにする対処法です。

■対処1 半身浴
半身浴で、ふくらはぎを中心にお湯であたため、軽くマッサージをします。入浴剤などを入れると、血液がめぐりにくいふくらはぎの血行を促進して、足がつりにくくなります。

■対処2 緩衝剤

就寝前などにバンテリンなどの消炎鎮痛剤を塗り、筋肉の緊張や損傷を緩和します。(ふくらはぎの状態や酷使状態に応じて)

■対処3 長ズボンの着用
寝るときに、ある程度保温効果のある長ズボンをはいて、寝ている間にふくらはぎを冷やさないようにします。
特に夏場は、ふくらはぎを冷やさないようにするだけで、足のつりが軽減できます。

以上、あくまで私的な対処ほうですので、個人にあったやり方や対処法をいくつか組み合わせると効果が高いようです。

 

詳しくは》結言 U・E・GON 》人体・身体  》 病気・疾患・怪我  》 雑学・豆知識  》足がつる・こむら返りの対処方法-ふくらはぎ