象印炊飯器の内釜の塗装がはがれてきた・交換

象印炊飯器の内釜の塗装されたフッ素がはがれてきた。

内釜だけ購入すると8000円ぐらいするそうだから、新品を買うべきか、内釜だけ交換すべきかとなやんでいたが、象印サイトに以下のような回答が。
Q.なべ(内釜)のフッ素皮膜が剥がれてきた。

色むらができたり、はがれることがありますが、性能や衛生上の支障はありません。
人体への影響(害)はなく、炊飯・保温をするうえで問題なくご使用いただけます。
フッ素被膜のはがれが気になるときや、なべが変形したときは、購入できます。

※なべ(内釜)を長持ちさせるために、次の事をお守りください。

準備の時

米に混じっている異物(石など)を取り除いてから米を洗う
泡立て器などで洗米しない
金属製のざるをあてて洗米しない
炊飯ジャー以外では使わない

炊き上がったとき

なべで酢を混ぜない(すしめしなど)
金属製のおたまは使わない(おかゆなど)
たたいたりしない(よそうときなど)

お手入れのとき

スプーンや食器類を入れない
調味料を使った場合は、すぐに洗う
スポンジなどの柔らかいもので洗う
シンナー・ベンジン・みがき粉・たわし類(ナイロン・金属製など)・漂白剤などを使わない

ご購入方法はこちらへ

ご飯を炊くことや人体には影響がないとのことだ。さすがメイドインJAPAN。