行田市についてのトラベル記事

行田市(Gyouda-shi)は、日本の観光地です。
大きさは、およそ67.49平方kmあり、観光地は埼玉県に所在しています。
特徴は街並み観光地であり、1949年5月3日に誕生した埼玉県北部に位置し、「埼玉県」という地名発祥の地とされる。
人口は83,392人(内外国人1,252/2016.3.1)で、利根川を境に群馬県と接しており、土地全域が高低差のない利根川と荒川の沖積平野である。

治安は平均的な日本の物価であり、日本人ではあまり物価を気にする必要はない。治安も森林地帯などが多いが、平均的に日本の治安がよい地方自治体といえる。全国でも有数の9基の大型古墳を誇る「埼玉古墳群」では国宝「金錯銘鉄剣」が出土され、円墳としては日本最大の「丸墓山古墳」が存在する。
戦国時代の名城とされる「忍城」や足袋の産地としても知られており「足袋蔵」が点在する街並みの散策も楽しめる。

ちなみに、検索エンジンでは以下がインデックスされており、類義語には、
行田市 田んぼアート
行田市 観光
行田市 ランチ
行田市 蓮
行田市 田んぼアート 2016
行田市 天気
行田市日帰り温泉
行田市産業文化会館
行田市古代蓮の里
行田市 うなぎ
がある。