自営業・個人事業主の資金の借入先・資金調達

必要な時に貸し渋り、必要ないときに貸してあげるとすり寄ってくる銀行を初めとする金融機関ですが、担保なしや保証人なしなどの場合、資金を借り入れるのはすこし難しくなります。

特に、非法人格の自営業者や個人事業主のような場合、資金の調達も身内であったり、消費者金融などの金利が高いお金を借りたりする必要がでてきたりします。

金額の上限はあるけれども、自営業や個人事業主でも低金利でも資金が調達できる借入先について。

まずは政府(国)が関与・出資する金融機関。

●日本政策金融公庫
(国民生活金融公庫・中小企業金融公庫の編成替)

●商工組合中央金庫

つぎに各都道府県=地方自治体でお金を貸してくれる窓口。

●中小企業パワーアップ融資
●短期運転資金融資
●小規模事業資金
●小口零細企業資金
●小口資金

など、用途や名目はさまざま種類がある。

また、融資対象や金利、上限や無利子のものなど、対象者や条件に応じ、実にさまざまな借入が可能。

高い金利で借りる必要性がなければ、これらの金融機関から借入れるのがベストだろう。