無添加の添加とは?

無添加食品とはおそらく添加物が含まれない食べ物だろうと予想がつくけど、じゃ添加物って具体的になに?

食品における添加物とは、いわゆる食品添加物とは、保存料や香料、着色料や甘味料など、食品の製造過程もしくは食品の加工・保存を目的として使用される化学合成物や天然の動植物を原料にした物質です。

要は、カロリーゼロでも甘い食品や飲料水や、本来その色や味がない食品に、人工的に色や味、風味などを添加した食料品や飲料水など。また、食品等の酸化や腐敗を長期に防ぐ物質などは添加物が豊富である。

だから、無添加というと、合成着色料や合成保存料、香料などの添加物が一切入っていないという食品や飲み物のこと。

添加物は例えば、食用赤色2号、食用黄色4号、亜硫酸、ソルビン酸、アスパルテーム、アセスルファムK、スクラロース、サッカリンナトリウム、グリチルリチン酸、キシリトール、ソルビトール、マンニトールなど。