株式会社の顧問や相談役とは

企業概要などのサイトページの欄に顧問やら相談役やらという、なんともわかりにくい役職の記載があります。

顧問や相談役は、取締役などとことなり会社法で明確に義務化されているものと異なり、退職後の社長や役員、外部の人員がなることが多い。

報酬なども決まっておらず、意見や助言をする立場の人などであることが多い。

役員の退職後のポストや、ある程度肩書きのある人を相談役や顧問にすることで、企業の信頼や箔をつけようとする場合など、きわめてグレーな位置の立ち位置で、報酬もピンキリである。