加圧トレーニングとは

加圧トレーニング(かあつトレーニング)とは、腕や脚のつけ根部分を専用ベルトで締めつけけることで、血流量を適切に制限した状態で行われるトレーニングおよびトレーニング手法のこと。

腕の付け根にあたる、上腕二頭筋の基部分や、脚の付け根である大腿部の基部分を専用器具で適切に締め付けてトレーニングし、トレーニング後に除圧することで、抑圧されていた乳酸が通常では行き届かない毛細血管まで流れることで、脳下垂体が反応して成長ホルモンを分泌させる。

これにより、通常のトレーニング時よりも、効果的な成長ホルモンの分泌が促進され、より高いトレーニング効果が得られるとされる。

民間資格では加圧インストラクター、加圧スペシャルインストラクターがあり、KAATSU JAPAN 株式会社が独自にトレーナー講習の受講を必要とする民間資格。

発明者はボディビルダー佐藤義昭氏が1966年に発案したとされている。