光電効果 [わかりやすい物理学入門]

光電効果(こうでんこうか/photoelectric effect)とは、物質に光を当てたときに、物質の原子中の電子が外に飛び出す現象のこと。
外部光電効果と内部光電効果、光起電力効果の総称とされるが、光電効果とは一般的に外部光電効果を意味する。

内部光電効果(光伝導)とは、絶縁体や半導体の中で伝導電子が増加して、電気伝導度が増加すること。

かなりわかりずらいのですが、噛み砕くと、紫外線などのある程度の波がある光を物質にあてると、物質の一番小さい粒にくっついているいつもは離れない電気の性質のさらに小さな粒が離れること。