光化学スモッグ注意報と影響

なんとなくモヤモヤしたままの『光化学スモッグ』。

光化学スモッグとは、工場や車からの排気ガスなどに含まれる窒素酸化物や炭化水素(揮発性有機化合物)が、太陽光などに含まれる紫外線により光科学反応を起こし、光化学オキシダントやエアロゾル(浮遊する粒子)などの有害な物質濃度が高くなり、大気中を汚染するスモッグのこと。

その性質上、日差しの強い風の無い日中に発生し、注意報が出ることが多い。

●どうして光化学スモッグ注意報が発令されるのか?

空気中の有害物質濃度が高くなるわけですから、当然人の体にはよくありません。

光化学スモッグの人の身体への影響としては、

目のかゆみや痛み、 充血など。
咳の痛みや咳。

ひどい場合には、
めまいや頭痛、呼吸困難や四肢のしびれなど。

いずれも、外気を避け、室内で窓を閉めて、うがいや手洗い、シャワーを浴びるなどして、付着した有害物質を洗い流すことが有効です。