プロテインの種類と効能

プロテインというと、もしかすると一般的には筋肉増強のためにアスリートやボディビルダーが好んで摂取する薬剤のようなイメージが強いかもしれませんが、全く間違っています。

プロテインはたんぱく質を効率的に接種するためのサプリメントで、良質なたんぱく質を手軽にかつ合理的に接種できる、高タンパク低脂質の栄養補助食品です。

たんぱく質は筋肉のみならず、髪の毛や皮膚や血管などの体組織を形成する重要な栄養素で、普段から食事の中で摂取しています。

ただ、魚や肉などに多分に含まれるたんぱく質は、摂取時に過度の摂取は健康に害を与える多くの脂質も一緒に取り込まれるため、プロテインで効率的に良質なたんぱく質を摂取することが推奨されているのです。

プロテインは主に2種類に分けられ、、吸収が速く筋肉の増強に適した動物性(牛乳タンパク)のホエイプロテイン、カゼインプロテインと、身体の深層部筋肉に効果的で、基礎代謝を高めるのに効果的な植物性(大豆タンパク)のソイプロテインとなります。

トレーニング前後の吸収性・消化性の高さから、ホエイプロテインが主流となっており、価格的にも手頃なために一般的に多くの人に愛飲されています。
くわしくは 》 結言  》 健康・美容・食べ物  》 サプリメント・栄養補助食品   》 プロテインの種類と効能