ハッブル定数 

ハッブル定数とは、宇宙の膨張について1929年エドウィン・ハッブルとミルトン・ヒューメイソンにより初めて定式化されたハッブルの法則の定数。

ハッブルの法則において、現時点での宇宙の膨張率を表す。ハッブルの法則はv=H0rで定式化されており、銀河までの距離をr(Mpc(メガパーセク))、後退速度をv(km/s)とし、その比例係数H0がハッブル定数にあたる。

ハッブル定数の単位はkm/s/Mpcであらわされる。
H0の逆数はハッブル時間とされ、ハッブル時間に光速度を乗じた値がハッブル半径とヨガれる。

ビッグバン理論に基づく宇宙の年齢や大きさを調べる際の目安ともされているが、あくまで学会において有力とされる学説のひとつと位置づけられている。

詳しくは》結言 》 わかりやすい物理学入門 》 ハッブル定数