シュモクザメ(撞木鮫)に関する情報

シュモクザメ(撞木鮫)についてYahooサーチの検索結果インデックス約 180,000件になります。
“シュモクザメ(撞木鮫)に関連する検索キーワードには、
シュモクザメ人食い
アカウント
アカシュモクザメ
ハンマーヘッドシャーク危険
シュモクザメ 危険
サメの目
サメ 目
ハンマーサメ
ヒラシュモクザメ
シャークヘッド
人喰い鮫
鮫の目
撞木鮫
サメの
さめ イラスト
鮫 料理
鮫 目
サメを食べるサメ
シュモクザメ 画像
サメ 食べ方
世界のサメ
サメ ハンマー
鮫のイラスト
サメの映像
さめ 料理
サメつり
ホオジロザメ 目
サメの食べ方
サメの料理
サメ科
シャークシャークシャーク等があります。”
シュモクザメ(撞木鮫)(Hammerhead shark)とは、メジロザメ目のシュモクザメ科の鮫である。
体長は、種別により個体差はあるが、3メートルから4メートル以下程になり、生息する地域は日本を含め世界中の暖かい海の沿岸。
“生態の特徴はサメの中では珍しく、数十匹以上の群れで行動する特性があり、頭部が左右に飛び出し、先端部分には目と鼻孔がある
とされる。”
危険性については、日本の沖合でも人が襲われたりしているため、注意が必要。飛び出した頭部にロレンチーニ器官という微弱な電波を感じ取る器官があり、この器官は他の種のサメよりも優れている。