コペンハーゲン解釈 [わかりやすい物理学入門]

コペンハーゲン解釈とは、量子力学の代表的な考え方、解釈の一つ。

デンマークのコペンハーゲンにある、ニールス・ボーアの研究所で提唱されたため、そのような名称になっている。
量子力学では主流的な解釈とされる。

量子力学の状態では、物質はいくつかの異なる状態で重ね合わさりとされている。観測者の状態によって、観測値はどちらかの状態とも言える、「波束の収縮」が起こると解釈する。

はっきりいってよくわかりません。

噛み砕くと、素粒子は波でもあり粒でもあり、それを観測する人の状態によって確立論的に、その粒でも波でもある素粒子の状態が異なっている、ということ。たぶん。

この解釈は、物理学に確率は存在しないとする、アインシュタインなどからも反論を受けていたようだが、理論を覆すほどの決めてにかけていたため、正当な理論とされてきている。