はじめてペットを飼う人へ-ペットの選び方と注意点

ペットを飼ったことがない人が初めてペットを飼うときの選び方と注意する点について。

1.ライフスタイルにあわせて考える

ペットには犬・猫や爬虫類などに至るまで、種類や雌雄によって、さまざまな特徴や性質があります。
まず好き嫌いだけで動物や生き物を飼おうということよりも、生活習慣や環境、自身の正確などをよく考慮して考えます。
毎日ゆとりがありお世話をこまめにできる場合は、犬やサルなどの人間に近い動物でも大丈夫でしょうし、毎日忙しくあまり世話ができない場合は、エサやフンのお世話の頻度がそれほどかからない動物や爬虫類などが適しています。
また、ケンネルや専門のお泊り業者へあずけたり、ご家族やご友人にお世話をお願いできることが可能な場合は、そのようなことも考慮してペットを選んでもよいでしょう。

2.事前に情報をできるだけ集めてから選ぶ
まわりにペットを飼っている方がいれば、実際に話を聞いてみます。その場合は、良い点よりも、大変な点や注意する点などを聞いておいた方がよいでしょう。
発情期があったり冬眠するなど、ペット独自の特性などもあるので、詳しく聞いておいてもよいでしょう。

また、インターネットでもペットのブログなどを公開している方もたくさんいらっしゃるので、そのような情報を参考にして、選ぶのもよいでしょう。

3.住まいの環境から考える
賃貸マンションなどでは、ペット可や小型動物までは可など、住んでいる環境によって飼えるペットもあったり、また、ペット禁止などのマンションもありますので、ご自身の住んでいる環境をチェックしてから選びます。
また、広い庭が必要だったり特別な設備がいる場合も、賃貸マンションだけでなく、分譲マンションなどで購入した場合もいろいろと制約がある場合があるので、管理組合などに事前に確認しておくことをおススメします。
また大型犬などは散歩が必要になりますので、周辺の交通状況や負担にならない環境であるかなど、住んでいる環境からもよく考慮してペットを選ぶことがよいでしょう。

4.家族の一員として考えてみる
ペットといえど、毎日エサを食べて、糞尿をし、時には病気になったり入浴をしたり、体毛や身体の手入れが必要にあります。
面倒を見るという点では、人もペットも変わりません。
当然、お金もかかりますし、ペットの種類によっては経済的な負担もけっこうかかる場合があります。

ですので、最後まで面倒を見るつもりで、ご自身の家族が増えるつもりで考えて選びましょう。