あきたこまちについてのお米の記事

あきたこまちは、秋田県で誕生した秋田31号(系統番号)のお米です。
農林登録年は1984年であり、主に、主食に用いられて食されています。
ちなみに、検索エンジンのGoogleでは約 559,000件ほどインデックスされており、類義語には、水稲秋田31号、アキタコマチ、秋田小町がある。
特徴は、秋田県を代表するお米の品種で、粘り気と甘味が十分にあり、コシヒカリを親に改良された品種。
“秋田県以外でも東北地方をはじめ、中部・山陰地方で栽培される。
コシヒカリに似ていもち病にやや弱い。”