『吉田証言』とは

『吉田証言』とは

文筆家・吉田清治による証言された戦時中『済州島などで日本軍の命令で朝鮮人女性を慰安婦にするため強制連行した』という加害証言のこと。

16回にわたり記事を掲載した朝日新聞は1997年3月31日に、『著述を裏付ける証言は出ておらず、真偽は確認できない』と記事を掲載する。

後の事実関係を調査する中で、証言の内容は虚偽のないようであることを吉田清治が認める。

2014年8月5日に朝日新聞は、吉田証言について正式に記事取り消しを行い誤報と認める。