『ひいては』と『しいては』の違い

『ひいては』と『しいては』(語彙)の違いは、ひいては(延いては)は、『最終的には』『さらには』という意味で、同じ意味で使用されるときの、しいては(強いては)は誤用です。
おおまかな違いは、『強いては』という日本語の使い方はあるが、この場合、『無理矢理には』という意味になることです。
その他参考として、『ひいては』を『しいては』と誤用する原因は、『ひ』が『し』になまって発音されることが原因であるとする説がある
ことです。
ひいてはとしいてはは
違いの分類としては語彙になる。


ちなみに、検索エンジンでは
ひいては 意味
ひいては しいては 意味
しいてはひいては違い
引いてしまう
びっこ引いて
引いて止める
引いて見る
顎引いて
てぐすね引いて
などで分類されている。
ひいては しいては 意味
ひいては 意味
しいては ひいては
ひいては
しいてはことを
しいては 意味
ひいては とは
ひいては 使い方